オメガ 2022年新作 スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールドとは?

基本的にスピードマスターのデザインコードは長らく変わっていません。

しかしながら初代だけは別。

1957年に発表された初代スピードマスター CK2915は、タキメーターベゼルが直接印字されたスティール製ベゼルに、大きなアロー針を備えており、第二世代以降とそのテイストを異にしています。

こういったデザインの独創性もあり、オメガスピードマスター愛好家(スピードマスターは本当に熱心な愛好家が多い。ちなみにSpeedy Tuesdayとはこの愛好家らから始まった試みで、毎週火曜日に#SpeedyTuesdayのハッシュタグを付け、スピードマスターの写真やコメントをSNS投稿するもの)にとって初代CK2915は特別な想いを抱いている方も多いのではないでしょうか。

オメガ スピードマスターコピー ムーンウォッチ プロフェッショナル マスタークロノメーター 310.30.42.50.01.001

詳細情報
カテゴリ:オメガ スピードマスター(新品)
型番:310.30.42.50.01.001
機械:手巻き
材質名:ステンレス
ブレス・ストラップ:ブレス
タイプ:メンズ
カラー:ブラック
外装特徴:タキメーターベゼル
ケースサイズ:42.0mm
防水性能【公称】:5気圧
機能:クロノグラフ、耐磁
付属品:内箱、外箱、ギャランティー

陽極酸化処理が施されたアルミニウム製ベゼルリングには、実際に月面で着用された4thモデルのリングデザインに倣い、「ドットオーバー90」のデザインが採用されています。
こちらの【310.30.42.50.01.001】は、表側に強化プラスチック風防、裏蓋にはシーホースのメダリオンがエングレービングされたステンレスバックを採用。
ムーブメントには、METAS認定のマスタークロノメーターのキャリバー3861を搭載。

もっとも初代が一般市場に出回ることはなかなかありません。

早い段階から量産体制を備えていたゆえか、オメガ製のオールドウォッチ(アンティーク・ヴィンテージと称されるモデル)は、今なおよく流通しています。一方で初代は製造期間がわずか2年ほどであったため、その実勢相場はオークション級。「聖杯」と称されることもあるほどで、昨年11月に開催されたフィリップス・オークションでは初代CK2915-1が約3億9000万円で落札されることとなりました。

そんな初代を復刻―内外ともに―した新作スピードマスターの実力とは?詳細を見ていきましょう!

【関連記事】:https://aerfafashion.amamin.jp/

0 thoughts on “オメガ 2022年新作 スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールドとは?”

  1. その時計を振り返ることで、私は昔の自分、そして今の自分を知ることができた。ロレックスすべての時計には、何かしらのストーリーがあるのではないだろうか。たとえそれが、自分以外の誰かにとっては何の意味もないものであっても。私はそう思っている。

  2. コロナによって世界もライフスタイルも変化するなかで迎えた2022年。パートナーとして選ぶなら、強い力を秘め、永遠の輝きを放つダイヤモンドをあしらったジュエリーがおすすめです。

ロレックス デイトナとは? へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です