デューン:パート2でハミルトン砂漠時計を探せ

SF映画の巨匠ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、スイスの時計メーカーにデューン世界の雰囲気にぴったりの時計を作ってほしいと特別に依頼したことから、今回は映画に登場するその時計の運命を追ってみましょう。

筆者は、きっとヴィルヌーヴ監督も望んでいたであろう方法で『デューン:パート2』を鑑賞しました。平日夜のシネコン4で、ペローニのプラスチックカップ片手に隣の人がホットドッグ(レトロ!)を食べている隣で。目的はただ一つ、特別な時計に注目することでした。

まず最初に言っておきますが、この映画は最高でした。アニャ・テイラー・ジョイのカメオ出演は素晴らしく、オースティン・バトラーはストックホルム訛りで歌うSFエルヴィスを熱演しており、おそらく生きている中で最も毛のない存在と言えるでしょう(監督のエリック・テン・ハーグ氏も凌駕しています)。ティモシー・シャラメは巨大なサンドワームに乗り、ステラン・スカルスガルドは黒いドロドロが満ちた浴槽でくつろぎスレーブを虐げるだけでなく、謎のフレーバーの宇宙ベープを吸っています。星5つです。

しかし、話を時計に戻しましょう。映画の公開に合わせて、ハミルトンはアイコニックなベンチュラの2つの特別限定モデルと、映画内だけに存在する砂漠時計(デューン:パート2のスタッフが命名)を発表しました。どちらも砂の惑星アラクニスからインスピレーションを得たもので、未来感と廃品置き場の技術を融合させたデザインです。ヴィルヌーヴ監督は、砂漠の惑星に住むたくましく resourceful な反逆者たちをイメージした実用的なデバイスを求めていました。そこで彼は、1930年代からハリウッド映画のために時計を制作してきたスイスのブランド、ハミルトンに協力を依頼したのです。「ブルーハワイ」「メン・イン・ブラック」「インターステラー」など、ハミルトンの時計は数々の映画に登場しています。

ハミルトンのCEOヴィヴィアン・シュタウファー氏は、この時計を「主にフレメンの青い目をイメージした、独特なフレメンのリストデバイス」と呼んでいます。「フレメンが時間を知る必要のない、彼らが身に着けているであろうものを我々が解釈したものです」と述べています。

「2つの新しいベンチュラ時計の制作は、時間制限があるため難しかったですね」とシュタウファー氏は付け加えます。「どちらの時計もブランドにとって新しい開発だったので、とても興味深いプロジェクトでした。特に新しいケースと新技術の開発が必要だったベンチュラ エッジは、さらに難しいものでした」

筆者は、爆発、サンドワーム、ハビエル・バルデムのボイス、スペースギターを弾くジョシュ・ブロリン、そしてバトラーのツルッとした頭など、視覚的刺激に満ち溢れた中で、どうしても砂漠時計を自分の目で見たかったのです。トイレに行きたかったのですが、シャラメ扮するポール・アトレイデスが父を仇討ち、悪意あるハルコンネン家と戦い、ゼンデイヤとフローレンス・ピューの両方と同時に関係を持とうとする姿のように、筆者にも果たすべき仕事がありました。

ようやく時計が登場したのですが、バービー人形映画におけるシボレーの露骨なプロダクトプレイスメントや「ロスト・イン・トランスレーション」のサントリーボトルのようなものではなく、一瞬のちらつき程度でした。シャラメがカメラ目線で袖を下ろし「ハミルトン」とささやくようなことを期待していたのですが、フレメンの兵士たちの腕に、鎧や衣服と一緒に砂漠時計がちらっと見えるだけでした。

スティーブ・マックイーン主演の「ル・マン」のTAGや、ボンドのオメガのような存在感はありません。しかし、確かに存在しており、クールに見えます。そして、デューン世界の砂粒ひとつひとつ、そして時計にまでどれだけ細部まで作り込まれているかが際立っています。

0 thoughts on “デューン:パート2でハミルトン砂漠時計を探せ”

  1. グランドセイコーが誇る、最高峰のクォーツムーブメントを採用した40mmのモデル。高い実用性と洗練されたデザインが融合し、幅広いシーンで活躍します。

  2. オメガ スピードマスター ブルーは、その鮮やかなブルーの文字盤が印象的です。スポーティーさとエレガンスを兼ね備えたデザインで、どんなシーンでも活躍します。ムーブメントはコーアクシャルマスタークロノメーターを搭載しており、高い精度と耐磁性を誇ります。ブレスレットはステンレススティール製で、堅牢性と装着性に優れています。

  3. オメガのデビルシリーズは、優雅で女性らしいデザインが魅力的なレディースモデルが豊富です。

  4. ロレックスの買取相場は市場状況に左右されます。相場表を参考にして売却を検討しましょう。

  5. セイコーのデジタル腕時計は、機能性とスポーティなデザインが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です